コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミルクチョコレート

1件 の用語解説(ミルクチョコレートの意味・用語解説を検索)

チョコレート・ココア辞典の解説

ミルクチョコレート

ミルク(乳製品)の入ったチョコレートのことです。ミルク(乳製品)としては、全脂粉乳脱脂粉乳クリーム粉乳が使われます。

■ クリーム粉乳が使われる場合は、特に
クリームチョコレート(英:cream chocolate)
といいます

出典|日本チョコレート・ココア協会
チョコレート・ココア辞典について | 情報

世界大百科事典内のミルクチョコレートの言及

【チョコレート】より

…しかし生産が本格的に工業化したのは19世紀になってからで,1828年にオランダのバン・ホーテン社ではカカオ豆からココアバターの大半を分離することによって,それまでの高脂肪,不均質で消化の悪かった欠点を克服して粉末チョコレート(現在のココア)の特許をとり,また各国でも製法の改良が行われた。47年にイギリスのフライ社がカカオにココアバターと砂糖を加え,そのまま食べられるチョコレートを製造,ついで75年にはスイスのD.ピーターがネッスル(ネスレ)社の粉乳を混入したミルクチョコレートを発表し,現在のチョコレートの基本ができ上がった。こうしてカカオの需要が増すと,アフリカでもプランテーションによる栽培が始まった。…

※「ミルクチョコレート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミルクチョコレートの関連情報