コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱脂粉乳 ダッシフンニュウ

4件 の用語解説(脱脂粉乳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だっし‐ふんにゅう【脱脂粉乳】

脱脂乳を濃縮・乾燥して粉末状にしたもの。製菓・料理などに使う。スキムミルク

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

脱脂粉乳

 粉末スキムミルクともいう.脱脂乳を乾燥して粉末にしたもの.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だっしふんにゅう【脱脂粉乳】

脱脂乳から作った粉乳。各種乳製品や菓子類の原料。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脱脂粉乳
だっしふんにゅう

脱脂乳を原料として粉乳化したもの。製品中の脂肪含量が低いため貯蔵性がよく、常温で約3年は品質を保持する。そのため、乳製品や製菓、食品原料としての用途のほか、牛乳生産の需給バランスの調整生産品目としても利用される。[新沼杏二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の脱脂粉乳の言及

【脱脂乳】より

…規格では脱脂乳(乳脂肪0.5%未満)と部分脱脂乳(乳脂肪0.5%以上3.0%未満)の2種類がある。脱脂粉乳,脱脂加糖練乳,ヨーグルト,カテージチーズ,アイスクリーム,加工乳,乳飲料,カゼインの原料となるほか,子牛育成用の飼料としても重要なものである。また,低カロリー高タンパク質食品として飲用にも供せられる。…

【粉乳】より

…牛乳に比べて,容積が小さく,軽くて保存性がよいので,貯蔵や輸送に便利である。使用される原料や用途によって,全脂粉乳,脱脂粉乳,調製粉乳などの種類がある。製造にあたっては製品の溶解性を低下させないために,なるべく新鮮な牛乳を用いる。…

※「脱脂粉乳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

脱脂粉乳の関連キーワード乾燥酵母肉粉五倍子の粉卵粉濃縮果汁部分脱脂乳粉末香料粉末スープ粉末油脂ミルクタンパク質濃縮物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脱脂粉乳の関連情報