コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミルライン・レート milline rate

DBM用語辞典の解説

ミルライン・レート【milline rate】

新聞の発行部数を基準にしたミルライン(100万)当たりの広告料。ミルラインは、発行部数100万部当たりのアゲードラインに等しい(アゲードラインは新聞・雑誌で、広告面の費用を計算するために使用されてる標準単位。1アゲードラインは1/14インチ高で一覧の幅)。発行部数を考慮するので、ミルラインレートは新聞広告の費用効率を比較する上で利用される。計算は以下の公式通り。アゲードライン当りのレ-ト×1000000──────────────────発行部数= ミルラインレ-ト

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android