コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムアンタム遺跡 ムアンタムいせき

1件 の用語解説(ムアンタム遺跡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ムアンタムいせき【ムアンタム遺跡】

タイ東北部のイサーン地方に点在するクメール遺跡の一つ。ブリーラム県にある。アクセスの基点はナコンラチャシマ(旧コラート)で、パノムルン遺跡の南東に位置している。9~10世紀にかけて造られたヒンドゥー寺院跡で、池に囲まれたレンガ造りの祠が4塔建っている。彫刻が非常に良い状態で保存されている。周辺は整備され、遺跡公園になっている。◇正式名称は「Muang Tam Sanctuary」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムアンタム遺跡の関連キーワードバルクメールアネクメネトルクメンブックメーカー点在ホラサーントルクメナバートベルクメールナコーンラーチャシーマー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone