ムアンタム遺跡(読み)ムアンタムいせき

世界の観光地名がわかる事典の解説

ムアンタムいせき【ムアンタム遺跡】

タイ東北部のイサーン地方に点在するクメール遺跡の一つ。ブリーラム県にある。アクセスの基点はナコンラチャシマ(旧コラート)で、パノムルン遺跡の南東に位置している。9~10世紀にかけて造られたヒンドゥー寺院跡で、池に囲まれたレンガ造りの祠が4塔建っている。彫刻が非常に良い状態で保存されている。周辺は整備され、遺跡公園になっている。◇正式名称は「Muang Tam Sanctuary」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android