基点(読み)キテン

デジタル大辞泉 「基点」の意味・読み・例文・類語

き‐てん【基点】

距離時間を計るとき、もとになる点や場所
考えや行動のもととなるところ。
[類語]原点

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「基点」の意味・読み・例文・類語

き‐てん【基点】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 距離や時間を計ったりするときに、そのもとになる点や場所。〔工学字彙(1886)〕
    1. [初出の実例]「射距離・目標指示の基点、弾薬小隊の位置」(出典:歩兵操典(1928)第四四四)
  3. 考えや行動のもとになる点。また、物事出発点
    1. [初出の実例]「千代子と僕とは其日を基点(キテン)として出立しても、今頃は人間利害で割く事の出来ない愛に陥ってゐたかも知れない」(出典:彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉須永の話)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「基点」の読み・字形・画数・意味

【基点】きてん

出発点。

字通「基」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android