基点(読み)きてん

精選版 日本国語大辞典「基点」の解説

き‐てん【基点】

〘名〙
距離や時間を計ったりするときに、そのもとになる点や場所。〔工学字彙(1886)〕
※歩兵操典(1928)第四四四「射距離・目標指示の点、弾薬小隊の位置」
② 考えや行動のもとになる点。また、物事の出発点
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉須永の話「千代子と僕とは其日を基点(キテン)として出立しても、今頃は人間の利害で割く事の出来ない愛に陥ってゐたかも知れない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「基点」の解説

き‐てん【基点】

距離や時間を計るとき、もとになる点や場所。
考えや行動のもととなるところ。
[類語]原点

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「基点」の解説

【基点】きてん

出発点。

字通「基」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android