コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムンダ語族 ムンダごぞくMuṇḍā languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムンダ語族
ムンダごぞく
Muṇḍā languages

インドのチョタナーグプル高原を中心として,インド中央部および北部に散在する住民 (ムンダ族) の諸言語から成る語族。ビハール州,ベンガル地方,オリッサ州にまたがるチョタナーグプル高原に行われるケールワーリー諸語 (サンターリー語ムンダーリー語,ホー語,ブミジュ語,コルワ語など) を北部群,オリッサ州中部,オリッサ州とアンドラプラデーシュ州の境界地域に行われる,ジュアーング語,ガダバー語,ソーラー (サバラ) 語などを南部群,マディヤプラデーシュ州のマハーデオ丘陵のコールクー語を西部群とする分類が行われるが,異説もある。語族全体で話し手が約 800万人あるうち,9割近くを北部群が占め,なかでもサンターリー語が最有力。モン=クメール語族などとともにオーストロアジア語族の一員をなすという説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムンダ語族の関連キーワードモン=クメール語族サンタール族ナハーリー語インド諸語ムンダ諸族コルク族

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android