異説(読み)いせつ

精選版 日本国語大辞典「異説」の解説

い‐せつ【異説】

〘名〙
① 既に出されている説や一般の通説とは違う説。異論。
※古今著聞集(1254)六「今度異説を吹きたりけるに、度を失し拍子をあやまりにけり」
※太平記(14C後)二五「何れも異説(イセツ)多端なり」 〔月上女経‐下〕
② 怪しげな説。変な説。
※徒然草(1331頃)一一六「何事も珍しき事を求め、異説を好むは」 〔晉書‐荀勖伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「異説」の解説

い‐せつ【異説】

他の人と違う説。また、世間一般の通説とは異なる説。異論。「異説を立てる」
珍奇な説。変な説。
「君の説も亦或は―に非るなきを保たんや」〈織田訳・花柳春話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android