コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタクサ メタクサMetaxa(ギリシャ)

1件 の用語解説(メタクサの意味・用語解説を検索)

飲み物がわかる辞典の解説

メタクサ【Metaxa(ギリシャ)】


ギリシャメタクサ社が製造するブランデーの商標名。ブランデーの原酒にばらの花や香草などから抽出したエキスと甘味料などを加え、熟成させて製する。アルコール度数は38~40度程度。◇1880年、スピロス・メタクサがギリシャ南部、アテネのあるアッティカ地方のブドウ園を買収してワイン生産をはじめ、同地方の港町ピレウスに蒸留工場を建てて1888年、メタクサを発売した。

出典|講談社
飲み物がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のメタクサの言及

【ブランデー】より

…これらは特定の産出地域で一定の規格を満たした製品のみに使用が許された呼称で,他のフランス産ブランデーはフレンチブランデーと呼称している。フランス以外のものでは,ドイツのアスバッハ,イタリアのストック,スペインのファンダドール,ギリシアのメタクサなどが日本でもよく知られた銘柄である。このほか,ブドウ酒用の果汁をとったあとの搾りかすを蒸留してつくるかすブランデー,ブドウ酒のおりでつくるリーズブランデー,干しブドウからつくった酒を蒸留するレーズンブランデーなどがある。…

※「メタクサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone