コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタモルフォセス 〈ラテン〉Metamorphoses

デジタル大辞泉の解説

メタモルフォセス(〈ラテン〉Metamorphoses)

オウィディウスの物語詩。15巻。宇宙の開闢(かいびゃく)からカエサルの星への転身までを、主としてギリシャ・ローマの神話や伝説をつなぎ合わせながら年代順に記したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

メタモルフォセス【Metamorphoses】

オウィディウス作の物語詩。全一五巻。宇宙の生成が始まり、人間が草木や動物などに変身する物語や神話伝承をほぼ時代順に物語る。転身物語。変容譚。
アプレイウス作の小説。魔法によってロバにされた主人公ルキウスの体験談。作品中の挿話「クピドとプシケ」は名高い。通称「黄金のろば」。変身物語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

メタモルフォセスの関連キーワードポリフェモとガラテアの神話アポロとヒュアキントゥスアプレイウス転身物語クピドプシケ草木挿話ロバ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android