メタモルフォセス(英語表記)〈ラテン〉Metamorphoses

デジタル大辞泉の解説

メタモルフォセス(〈ラテン〉Metamorphoses)

オウィディウスの物語詩。15巻。宇宙の開闢(かいびゃく)からカエサルの星への転身までを、主としてギリシャ・ローマの神話や伝説をつなぎ合わせながら年代順に記したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

メタモルフォセス【Metamorphoses】

オウィディウス作の物語詩。全一五巻。宇宙の生成が始まり、人間が草木や動物などに変身する物語や神話伝承をほぼ時代順に物語る。転身物語。変容譚。
アプレイウス作の小説。魔法によってロバにされた主人公ルキウスの体験談。作品中の挿話「クピドとプシケ」は名高い。通称「黄金のろば」。変身物語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android