転身(読み)テンシン

デジタル大辞泉の解説

てん‐しん【転身】

[名](スル)
身をかわすこと。からだの向きを変えること。
主義または職業・身分などを変えること。「教員から実業家に転身する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんしん【転身】

( 名 ) スル
〔身を転ずる意〕
身分・職業・生活方針などをすっかり変えること。転向。 「実業家に-する」 → 転進(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐しん【転身】

〘名〙
① 身をかわすこと。身を転じること。体の向きをかえること。
正法眼蔵(1231‐53)看経「施主の拝をはりて、施主みぎに転身して」 〔陳後主‐舞媚娘楽府〕
② 身分・職業や主義・生活などを変えること。転向
※普賢(1936)〈石川淳〉一一「頭上に垂れさがるその転身の枝に飛びつかうとあせりながら」
③ からだや姿を他のものに変えること。変身。
※変形譚(1946)〈花田清輝〉「アープレーイウスは、驢馬に転身したルーキオスの冒険について物語ってゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転身の関連情報