コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メドウェー Medway

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メドウェー
Medway

イギリスイングランド南東部の単一自治体(ユニタリー unitary authority)。行政府所在地チャタム。1998年にケント県から分離して成立。名称は域内でテムズ川河口の三角江(エスチュアリー)に注ぐメドウェー川にちなむ。港町のチャタムとジリンガム,メドウェー川南にレイナム,北に歴史的な大聖堂のあるロチェスターなどの都市が近接し,メドウェー・タウンズとも呼ばれる都市部を形成している。ロチェスターの北東にはテムズ川沿いに沼地と低地が広がる。低地部のグレーン島は堤防建設と干拓が行なわれ,大規模な製油所がある。メドウェー川流域は工業化が進んだ地域が多く,チャタムに 15世紀から 1984年までイギリス有数の海軍造船所があったほか,沿岸に多数の工業プラントが並ぶ。面積 192km2。人口 25万1100(2005推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メドウェーの関連キーワードノースダウンズ丘陵メードストーンメードストンケント

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android