沼地(読み)ヌマチ

  • しょうち セウ‥
  • 書名

デジタル大辞泉の解説

芥川竜之介短編小説狂気の中で死んだ画家油絵を巡る主人公新聞記者のやり取りを描く。大正8年(1919)5月、雑誌「新潮」に掲載。当初は「私の出遇った事」の総題で発表された2編の小説のうちの1作で、のちに独立した作品として単行本に収録された。もう1作は「蜜柑」。
泥深く、じめじめしている土地。
[補説]書名別項。→沼地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 どろ深くじめじめした地域。ぬまち。〔英和和英地学字彙(1914)〕
〘名〙 泥深くじめじめした土地。しょうち。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉四「騎兵を沼地に用ひて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沼地の関連情報