沼地(読み)ヌマチ

デジタル大辞泉「沼地」の解説

ぬまち【沼地】[書名]

芥川竜之介短編小説狂気の中で死んだ画家油絵を巡る主人公新聞記者のやり取りを描く。大正8年(1919)5月、雑誌「新潮」に掲載。当初は「私の出遇った事」の総題で発表された2編の小説のうちの1作で、のちに独立した作品として単行本に収録された。もう1作は「蜜柑」。

ぬま‐ち【沼地】

泥深く、じめじめしている土地。
[補説]書名別項。→沼地
[類語]湿地湿原ぬかるみ泥濘水たまり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「沼地」の解説

ぬま‐ち【沼地】

〘名〙 深くじめじめした土地。しょうち。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉四「騎兵を地に用ひて」

しょう‐ち セウ‥【沼地】

〘名〙 どろ深くじめじめした地域。ぬまち。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android