コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メランポジウム Melampodium paludosum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メランポジウム
Melampodium paludosum

キク科メランポジウム属の総称であるが,園芸的には,メランポジウム・パルドーサムをさす。北アメリカ原産の一年草で,全草に短い粗毛があり,草丈は 15~30cmでよく分枝する。広披針形の葉が対生し,茎頂に直径2~3cmの頭状花をつける。中心の筒状花も花弁状の舌状花も鮮黄色で,緑の葉色と相まって,明るい印象の草花である。夏の花檀苗として利用される。じょうぶで高温多湿に強く,夏から秋まで咲き続ける。春に種子をまき,日当りと水はけのよい場所で育てる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android