コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メーレオロムスダール県 メーレオロムスダールMøre og Romsdal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メーレオロムスダール〔県〕
メーレオロムスダール
Møre og Romsdal

ノルウェー西部のノルウェー海にのぞむ県。北はトロンヘイムフィヨルド,南はスタラン半島によって画される。県都モルデ。オーレスン港を中心とする南メーレ地域,オンダールスネース港を中心とするロムスダール (河谷) 地域,漁港クリスティアンスン一帯を含む北メーレ地域に区分される。海岸はいわゆるフィヨルド海岸で,沖合いに数多くの島が点在し,県人口の約半分が島に住む。漁業,観光業,小規模農業が卓越している。面積1万 5104km2。人口 23万 8810 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メーレオロムスダール県の関連キーワードノルウェー

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android