ノルウェー海(読み)ノルウェーかい(英語表記)Norwegian Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノルウェー海
ノルウェーかい
Norwegian Sea

大西洋の縁海の一つで,東はノルウェー西岸,北はスバールバル,西はヤンマイエン島アイスランド,南はシェトランドフェロー諸島に囲まれる。水深約 2000~3000m,最深部 3970m。塩分濃度 35‰。海域には北大西洋海流が北上し,東グリーンランド海流の一部が南下してぶつかり,世界有数の漁場の一つとなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ノルウェー海【ノルウェーかい】

北大西洋のグリーンランド海北海とに挟まれた,北緯62度から70度の間の海域。ノルウェー沿岸には幅200kmに及ぶ大陸棚があり,東半には3200〜3800mの深海盆があって,最深部は3970mに達する。ノルウェーの沿岸には暖かいノルウェー海流が北東方向に流れて結氷を妨げ,また北からの寒流とぶつかって,タラ,ニシンなどの好漁場をつくり出している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノルウェーかい【ノルウェー海 Norskhavet】

北大西洋のアイスランド―フェロー諸島の線より北,北緯72゜までの海域。約6000万年前からの大西洋中央海嶺による海底拡大でできた。北半にはモーンMohn,南にはヤン・マイエンJan MayenとコルベインセイKolbeinseyの3海嶺がある。東半に3200~3800mの深海盆が広がる。タラの好漁場で,ノルウェー沿岸には幅200kmに及ぶ大陸棚があり,北海油田が北へ延びてガス田が発見されている。西には北から寒流が流氷を運び,東は湾流のため暖かい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノルウェー海
のるうぇーかい
Norwegian Sea

ノルウェー西岸とグリーンランド東岸に挟まれた海域。北極海とはナンセン海嶺(かいれい)によって区別される。ノルウェー海の深層水はグリーンランド・アイスランド海嶺とフェロー・アイスランド海嶺、そしてフェロー諸島とスコットランドを結ぶウィビル・トムソン海嶺によって、北大西洋の水と境されている。ほぼ中央に位置するヤン・マイエン島を通って東北東に延びるモーン海嶺が、東側のノルウェー海盆と西側のグリーンランド海盆に二分し、両海盆の海域をそれぞれ狭義のノルウェー海とグリーンランド海に区分することもある。前者の海域を暖流の北大西洋海流の続流であるノルウェー海流が北上し、後者の海域を寒流の東グリーンランド海流が南下する。ノルウェー海流は夏には太陽の放射で暖められて、表層水の温度は12℃近くに上がるが、冬には垂直的対流により混合されて、北部海域でも5℃前後の水温を維持する。またタラ、ニシン、サケなど豊かな水産資源に恵まれている。[竹内清文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android