コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モクセイソウ(木犀草) モクセイソウReseda odorata; common mignonette

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モクセイソウ(木犀草)
モクセイソウ
Reseda odorata; common mignonette

モクセイソウ科の一年草または越年草で,北アフリカ原産。ニオイレセダともいう。日本には江戸時代末頃にオランダ船によって渡来し,観賞用に栽培される。茎は高さ 30cmぐらいで直立し,基部の近くでよく分枝して全体はピラミッド形になる。葉は互生し,長さ3~5cmのへら形ないし長楕円形で全縁である。夏,総状花序を頂生し,小さい淡黄白色の花をつける。花弁は6枚,そのうちの4枚は先が細く裂ける。開花と同時に強い芳香を放つので,鉢植,花壇につくられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モクセイソウ【モクセイソウ(木犀草) mignonette】

花の香りがよいので特にヨーロッパではよろこばれるモクセイソウ科の一年草(イラスト)。ニオイレセダともいう。原産地は北アフリカ。茎は高さ30~40cmとなり,横に広がり,6月には分枝した茎に芳香のある黄白色の小花を穂状に密生するが,花としての観賞価値は少ない。種まきは9月末,苗は日当りと排水のよい場所で越冬させるが,暖地では花壇に直播して育てることもできる。別種のシノブモクセイソウR.alba L.は南ヨーロッパ原産の一年草で,高さ60~90cm,よく分枝して直立し,羽状に深裂した葉をつけ,6月には帯緑白色の小花をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報