オランダ船(読み)オランダぶね

精選版 日本国語大辞典の解説

オランダ‐ぶね【オランダ船】

〘名〙 江戸時代初期から日本に来航したオランダの貿易船。鎖国以後は長崎で貿易を行なった唯一の西欧船。俗に紅毛船という。オランダせん。
※俳諧・大坂独吟集(1675)下「入くる入くるおらんだ船が 早飛脚武州をさして時津風〈由平〉」
※和漢船用集(1766)四「長崎へ入湊の阿蘭陀舟、本国よりすぐに来ることなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オランダ船の関連情報