モレナ山脈(読み)モレナさんみゃく(英語表記)Sierra Morena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペイン南部の山脈メセタの南縁をなす。全長約 600km。東はアルカラス山脈に発し,マドロナなどの小山脈を抱いて,西はポルトガル国境に及ぶ。グアディアナ,グアダルキビル両川の分水界をなし,南端アンダルシア平原を見おろす断層で終っている。南流してグアダルキビルに注ぐ諸支川は急斜面を浸食して深い峡谷をつくる。この山地は濃密な常緑低木林におおわれた荒涼たる地域で,古来スペイン発展の障害となった。リナレス北方のデスペニャペロス峠を越えてアンダルシア平原とカスティリアを結ぶ山道が主要連絡路。地質構造は断層や変成作用の跡を示し,きわめて複雑である。銅など各種鉱産物が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android