コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モロー博士の島

1件 の用語解説(モロー博士の島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

モロー博士の島

英国の作家H・G・ウェルズのSF小説(1896)。原題《The Island of Dr. Moreau》。南海の孤島で天才生理学者によって進められていた秘密の実験とは…。現在の遺伝子操作を予見したバイオテクノロジーSFの古典。1932年、アール・C・ケントン監督で映画化(邦題『獣人島』)。1977年、ドン・テイラー監督で映画化(邦題『ドクター・モローの島』)。1996年、ジョンフランケンハイマー監督で映画化(邦題『D.N.A.』)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モロー博士の島の関連キーワードSF映画タイムマシンアン・ヴェロニカの冒険H.G.ウェルズのS.F.月世界探険解放された世界神々の糧タイム・シップタイム・マシン月世界最初の人間ネバーウェア

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モロー博士の島の関連情報