コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モン・ペルブー[山] Mont Pelvoux

世界大百科事典 第2版の解説

モン・ペルブー[山]【Mont Pelvoux】

フランス・アルプス北部の結晶岩山地(北から南へモン・ブラン山塊,ベルドンヌ山塊,グランド・ルース山塊,エクランまたはペルブー山塊とつづく)に属し,標高3932mのデュラン峰(ふつうこちらをモン・ペルブーとよぶ)と3946mのピュイズー峰からなる。前者は1828年デュランによって,後者は48年V.ピュイズーによってそれぞれ初登頂された。エクラン山塊の最高峰はモン・ペルブーの北西にあるバール・デ・ゼクラン峰(4102m)である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android