コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤラッパ根 ヤラッパコン

1件 の用語解説(ヤラッパ根の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヤラッパ‐こん【ヤラッパ根】

《〈スペインjalapa》メキシコ東部原産の蔓性(つるせい)多年草ヤラッパの塊茎。カブに似て太く、乾燥させたものを峻下剤(しゅんげざい)に用いる。ヤラビ根。ヤラプ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヤラッパ根の言及

【ヤラッパ】より

…塊根には粘質で刺激的な液汁を含有している。この塊根を乾燥したものが薬用にするヤラッパ根で,10%ほどの樹脂状のヤラッパ脂が有効成分である。主成分は配糖体のコンボルブリンconvolvulinで,瀉下(しやげ)剤として用いられる。…

※「ヤラッパ根」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤラッパ根の関連キーワードハラパハラパ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone