コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕪/蕪菁 カブ

デジタル大辞泉の解説

かぶ【×蕪/蕪菁】

《「かぶら(蕪)」の女房詞「おかぶ」からかという》アブラナ科の越年草。根は肥大して球形などになり、白のほか赤・黄・紫色もある。根元から出る葉はへら状。春、黄色の十字形の花を総状につける。古く中国から渡来し、野菜として栽培。多くの品種がある。かぶら。かぶな。 冬》「露の―抜いておどろく声洩らす/楸邨

かぶら【×蕪/蕪菁】

カブ別名で、それより古い形。 冬》「故郷や―引く頃墓参/子規

ぶ【蕪】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ブ(漢) [訓]かぶ かぶら
雑草が茂って荒れる。荒れ地。「荒蕪平蕪
粗雑で入り乱れている。「蕪雑蕪辞
野菜の名。カブ。カブラ。「蕪菁(ぶせい)」
[難読]蕪菁(かぶ)蕪菁(かぶら)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かぶ【蕪】

アブラナ科の越年草。古く中国から渡来して野菜として栽培される。根は白色のものが多く、多肉質で、大きさや形は、品種によって多様。根生葉はへら形。春、花茎の先に黄色の十字形花を総状に開く。カブラ。カブラナ。 [季] 冬。
家紋の一。葉のついた蕪を図案化したもの。
昔、女房が用いたカブ形のかもじ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蕪 (カブ・カブラ)

学名:Brassica campestris var.rapa
植物。アブラナ科の越年草,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

蕪/蕪菁の関連キーワードアルカンシェール美術財団京都名産すぐき京都名産千枚漬帰りなんいざ懸け菜・懸菜蒸し物・蒸物コールラビ五味可都里青々園蕪坊万福亭米房ターニップ長禅寺菜飾り切り蕉門十哲かなかぶ水落露石ウミネコ種差海岸多田好問風呂吹き

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android