コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕪/蕪菁 カブ

4件 の用語解説(蕪/蕪菁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かぶ【×蕪/蕪菁】

《「かぶら(蕪)」の女房詞「おかぶ」からかという》アブラナ科の越年草。根は肥大して球形などになり、白のほか赤・黄・紫色もある。根元から出る葉はへら状。春、黄色の十字形の花を総状につける。古く中国から渡来し、野菜として栽培。多くの品種がある。かぶら。かぶな。 冬》「露の―抜いておどろく声洩らす/楸邨

かぶら【×蕪/蕪菁】

カブの別名で、それより古い形。 冬》「故郷や―引く頃墓参/子規

ぶ【蕪】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ブ(漢) [訓]かぶ かぶら
雑草が茂って荒れる。荒れ地。「荒蕪平蕪
粗雑で入り乱れている。「蕪雑蕪辞
野菜の名。カブ。カブラ。「蕪菁(ぶせい)」
[難読]蕪菁(かぶ)蕪菁(かぶら)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かぶ【蕪】

アブラナ科の越年草。古く中国から渡来して野菜として栽培される。根は白色のものが多く、多肉質で、大きさや形は、品種によって多様。根生葉はへら形。春、花茎の先に黄色の十字形花を総状に開く。カブラ。カブラナ。 [季] 冬。
家紋の一。葉のついた蕪を図案化したもの。
昔、女房が用いたカブ形のかもじ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蕪/蕪菁の関連キーワードスカブラ赤蕪おかかかぶし蕪鮨ね文字雌株小蕪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone