コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕪/蕪菁 カブ

デジタル大辞泉の解説

かぶ【×蕪/蕪菁】

《「かぶら(蕪)」の女房詞「おかぶ」からかという》アブラナ科の越年草。根は肥大して球形などになり、白のほか赤・黄・紫色もある。根元から出る葉はへら状。春、黄色の十字形の花を総状につける。古く中国から渡来し、野菜として栽培。多くの品種がある。かぶら。かぶな。 冬》「露の―抜いておどろく声洩らす/楸邨

かぶら【×蕪/蕪菁】

カブ別名で、それより古い形。 冬》「故郷や―引く頃墓参/子規

ぶ【蕪】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ブ(漢) [訓]かぶ かぶら
雑草が茂って荒れる。荒れ地。「荒蕪平蕪
粗雑で入り乱れている。「蕪雑蕪辞
野菜の名。カブ。カブラ。「蕪菁(ぶせい)」
[難読]蕪菁(かぶ)蕪菁(かぶら)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぶ【蕪】

アブラナ科の越年草。古く中国から渡来して野菜として栽培される。根は白色のものが多く、多肉質で、大きさや形は、品種によって多様。根生葉はへら形。春、花茎の先に黄色の十字形花を総状に開く。カブラ。カブラナ。 [季] 冬。
家紋の一。葉のついた蕪を図案化したもの。
昔、女房が用いたカブ形のかもじ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蕪 (カブ・カブラ)

学名:Brassica campestris var.rapa
植物。アブラナ科の越年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蕪/蕪菁の関連キーワードアルカンシェール美術財団京都名産千枚漬京都名産すぐき蒸し物・蒸物帰りなんいざ懸け菜・懸菜コールラビ五味可都里万福亭米房ターニップ青々園蕪坊水落露石種差海岸多田好問ウーフー飾り切り阿茶羅漬蕉門十哲赤根大根アイウー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android