ヤワラガニ(読み)やわらがに

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤワラガニ
やわらがに / 柔蟹
[学]Halicarcinus messor

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目ヤワラガニ科に属する小形のカニ。日本特産で、青森県から九州まで各地の岩礁で、褐藻や石灰藻についている。甲長・甲幅とも5ミリメートルほど。甲は石灰化が不十分で、あまり硬くない。甲面は平らで、甲域は不明瞭(ふめいりょう)。額(がく)は3歯からなるが、中央歯はへら状で、斜め上方を向く。近縁種のトウヨウヤワラガニH. orientalisも磯(いそ)にみられるが、短毛で密に覆われている。歩脚の細長いアシボソヤワラガニH. setirostrisは、水深30~50メートルにすむ。ヤワラガニ科は潮間帯や汽水域にすむ種が多く、分布の中心はニュージーランドとオーストラリア南東部である。日本産は8種で、最大種は甲幅2センチほどのソバガラガニTrigonoplax unguiformisである。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android