褐藻(読み)かっそう(英語表記)Phaeophyta; brown algae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

褐藻
かっそう
Phaeophyta; brown algae

藻体が褐色または緑褐色の藻類で,植物分類学上の一門。褐色を呈するのは葉緑素やβ-カロテンのほかに,フコキサンチンという赤褐色の色素をもつことによる。種類数は,世界に約 1500種,その大部分が海産で,北極から南極にかけて分布し,日本に 280種ほどが知られている。小さなものは単列の細胞から成る糸状のもの (シオミドロ) ,葉状のもの (ウミウチワ) ,樹状のもの (ホンダワラ) など形はいろいろである。海藻中最大と称されるマクロキスチス褐藻類である。生活史のうち遊泳する細胞 (遊走子,運動性配偶子,精子) はすべて2側毛を有し,その毛は異形である。生活史にはシオミドロ型,アミジグサ型,ムチモ型,コンブ型,ヒバマタ型などがあり,これにより目に分類する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かっ‐そう〔‐サウ〕【褐藻】

藻類の一群。ほとんどが海産。体制が発達し、外形上、根・茎・葉に区別できるものもある。クロロフィルのほかフコキサンチンなどの色素をもち、褐色・黄褐色を呈する。コンブ・ワカメ・ホンダワラなど。褐藻類。褐藻植物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かっそう【褐藻】

植物界の一門。海産で、緑藻・紅藻とともに狭義の藻類の一群。葉緑素のほかにフコキサンチンなどのキサントフィルを含み、黄褐色ないし黒褐色を呈する。コンブ・ワカメ・ヒジキ・ホンダワラ類などが含まれる。褐藻類。褐藻植物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android