コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐藻 かっそうPhaeophyta; brown algae

4件 の用語解説(褐藻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

褐藻
かっそう
Phaeophyta; brown algae

藻体が褐色または緑褐色の藻類で,植物分類学上の一門。褐色を呈するのは葉緑素やβ-カロテンのほかに,フコキサンチンという赤褐色の色素をもつことによる。種類数は,世界に約 1500種,その大部分が海産で,北極から南極にかけて分布し,日本に 280種ほどが知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かっ‐そう〔‐サウ〕【褐藻】

藻類の一群。ほとんどが海産。体制が発達し、外形上、根・茎・葉に区別できるものもある。クロロフィルのほかフコキサンチンなどの色素をもち、褐色・黄褐色を呈する。コンブワカメホンダワラなど。褐藻類。褐藻植物

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

褐藻【かっそう】

藻類

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かっそう【褐藻】

植物界の一門。海産で、緑藻・紅藻とともに狭義の藻類の一群。葉緑素のほかにフコキサンチンなどのキサントフィルを含み、黄褐色ないし黒褐色を呈する。コンブ・ワカメ・ヒジキ・ホンダワラ類などが含まれる。褐藻類。褐藻植物。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

褐藻の関連情報