コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐藻 かっそうPhaeophyta; brown algae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

褐藻
かっそう
Phaeophyta; brown algae

藻体が褐色または緑褐色の藻類で,植物分類学上の一門。褐色を呈するのは葉緑素やβ-カロテンのほかに,フコキサンチンという赤褐色の色素をもつことによる。種類数は,世界に約 1500種,その大部分が海産で,北極から南極にかけて分布し,日本に 280種ほどが知られている。小さなものは単列の細胞から成る糸状のもの (シオミドロ) ,葉状のもの (ウミウチワ) ,樹状のもの (ホンダワラ) など形はいろいろである。海藻中最大と称されるマクロキスチス褐藻類である。生活史のうち遊泳する細胞 (遊走子,運動性配偶子,精子) はすべて2側毛を有し,その毛は異形である。生活史にはシオミドロ型,アミジグサ型,ムチモ型,コンブ型,ヒバマタ型などがあり,これにより目に分類する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かっ‐そう〔‐サウ〕【褐藻】

藻類の一群。ほとんどが海産。体制が発達し、外形上、根・茎・葉に区別できるものもある。クロロフィルのほかフコキサンチンなどの色素をもち、褐色・黄褐色を呈する。コンブ・ワカメ・ホンダワラなど。褐藻類。褐藻植物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

褐藻【かっそう】

藻類

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かっそう【褐藻】

植物界の一門。海産で、緑藻・紅藻とともに狭義の藻類の一群。葉緑素のほかにフコキサンチンなどのキサントフィルを含み、黄褐色ないし黒褐色を呈する。コンブ・ワカメ・ヒジキ・ホンダワラ類などが含まれる。褐藻類。褐藻植物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

褐藻の関連キーワードキサントフィル蝦夷和布萱藻海苔千賀磯布笹葉藻屑浦河昆布大葉藻屑三厩昆布褐色植物三石昆布荒和布稚海藻千賀磯稚和布裙帯菜真昆布骨海藻黒褐色毛都久羊栖菜

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

褐藻の関連情報