コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汽水域 きすいいき

大辞林 第三版の解説

きすいいき【汽水域】

河口など、海水と淡水が混じりあっている水域。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きすいいき【汽水域 estuary】

川が海に注ぎ込むところには,淡水と海水が混合したところができるが,これを汽水域(または河口域)という。川から流れ込む淡水の量は,集水域の雨量によって不規則に変わる。一方,海水は潮の干満で規則的な上下運動をしている。そのため汽水域の水の塩分濃度は,時刻によっても,また日によっても少しずつ異なっている。汽水域にすむ生物には,塩分濃度のひじょうに広い範囲で生活できるように適応したものが多く,これを広塩性生物とよぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

汽水域の関連キーワードブローフィッシュ鯊・沙魚・蝦虎魚チチブ(知知武)鱵・細魚・針魚カワヒバリガイテッポウウオコモリウオ科コモチサヨリシジミ(蜆)ヤマトシジミハロクライントゲウナギ科オキナワフグ浮鮴・浮吾里ヨツメウオ属カワヨウジクロガレイ涸沼糸蜻蛉公魚・鰙外浪逆浦

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

汽水域の関連情報