コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石灰藻 せっかいそうcalcareous algae

4件 の用語解説(石灰藻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石灰藻
せっかいそう
calcareous algae

細胞壁に石灰質物を分泌または沈着している藻類に与えられた総称。イシゴロモやカニノテなどサンゴモ科(→サンゴモ)に属する約 400種の紅藻類を主に,カサノリ,フデノホ,イソスギナ,サボテングサなどの緑藻類や特殊な藍藻類がこれにあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せっかいそう【石灰藻 calcareous algae】

藻体に炭酸カルシウム(石灰)を沈着する藻類の総称で,代表的なものに紅藻植物のサンゴモ,ガラガラコナハダ類,緑藻植物のサボテングサ,カサノリ類などがある。淡水産の車軸藻植物も少量であるが石灰を沈着し,海および淡水に生育する単細胞性のハプト植物の多くも,細胞の表面にコッコリス(円石)と呼ぶ独特な形の石灰質の鱗片をもつ石灰藻である。多細胞の藻類では,石灰は細胞間隙(かんげき)に沈着する。含有する石灰の量はサンゴモ類が多く,藻体乾燥重量の65~70%に及び,次いでガラガラ類で約60%である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone