ユ・へつらう・おもねる(漢字)

普及版 字通の解説


16画

[字音]
[字訓] へつらう・おもねる

[説文解字]

[字形] 形声
声符は臾(ゆ)。臾は両手を腰に加える形。〔説文〕三上に「(おもね)るなり」とあり、はまた諂に作る。〔荘子、漁父〕に「是非を擇ばずしてふ、之れをと謂ふ」とみえる。臾は〔説文〕十四下に「束して(そつえい)するを臾と爲す」とあり、人をゆり動かす意。言を以て人意を動かそうとすることをという。

[訓義]
1. へつらう、おもねる、こびる、おもねりいう。
2. よろこびしたがう。

[古辞書の訓]
〔新字鏡〕 戸豆良不(へつらふ)、、阿佐牟久(あざむく)〔名義抄〕 ヘツラフ・アザムク・ソシル・シフ・ウタヘ・シコツ・ヲカス・ヌスム・イツハル・ハバカル・エラブ

[語系]
ji、臾jioは声義近く、言を以て人をうごかすをという。して人を動かすことを曳jiatといい、)jiatはその同声の字。引jienも声義近く、これらは一系をなす語である。

[熟語]

[下接語]
・近・讒・嗜・従・貪・佞・媚・面・誉

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android