ゆび

普及版 字通「ゆび」の解説

媚】ゆび

こびへつらう。〔唐書、逆臣上、安禄山伝〕中丞張利貞河北訪す。祿山、百計媚し、多く金を出して左右諧結(かいけつ)し、私恩を爲す。利貞入し、んに祿山のあるを言ふ。

字通」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android