コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨアニナ Ioánnina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨアニナ
Ioánnina

ギリシア西部,イピロス(古代名エピルス)地方の都市。ヤネナ Yiánnena,ヤニナ Yiánninaともいう。ミツィケリ山地南西麓の山間盆地にあり,ヨアニナ湖西岸に位置する。9~10世紀の記録にビザンチン帝国の重要な都市として初めてその名が現れ,13世紀初めにはギリシア人によるエピルス王国の首都。1430年頃からオスマン帝国領となり,1788~1822年にはオスマン帝国支配に対する地方長官アリー・パシャによる反乱の拠点となった。1913年ギリシア領。周辺の農業地帯の商業中心地で,金属細工や刺繍で知られる。人口 5万6496(1991推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヨアニナの関連キーワードヴァルラーム修道院フルシト・パシャイオアニナ湖イオアニナビララス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android