ヨアニナ(英語表記)Ioánnina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨアニナ
Ioánnina

ギリシア西部,イピロス(古代名エピルス)地方の都市。ヤネナ Yiánnena,ヤニナ Yiánninaともいう。ミツィケリ山地南西麓の山間盆地にあり,ヨアニナ湖西岸に位置する。9~10世紀の記録にビザンチン帝国の重要な都市として初めてその名が現れ,13世紀初めにはギリシア人によるエピルス王国の首都。1430年頃からオスマン帝国領となり,1788~1822年にはオスマン帝国支配に対する地方長官アリー・パシャによる反乱の拠点となった。1913年ギリシア領。周辺の農業地帯の商業中心地で,金属細工や刺繍で知られる。人口 5万6496(1991推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android