コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨコワミドロ(横輪水泥) ヨコワミドロSphaeroplea annulina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨコワミドロ(横輪水泥)
ヨコワミドロ
Sphaeroplea annulina

緑藻類ヒビミドロ目ヨコワミドロ科の淡水藻。水田などから発見され,アオミドロのように発生する。藻体は糸状,径 27~72μm,単列の細胞から成るが,各細胞は円筒形で,長さが幅の8~20倍に及ぶ。各細胞内には 20~30個の葉緑体があるが,これが横に環状に並んでいるのでヨコワミドロと名づけられた。造精器生卵器とを生じ,精虫が泳いで生卵器に到達して受精するが,その卵子は赤煉瓦色でのちに膜に皺が寄って金平糖状になり,生卵器になった細胞内に縦に並んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android