コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵子 ランシ

栄養・生化学辞典の解説

卵子

 →

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

らんし【卵子】

らん 」に同じ。精子に対して用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卵子
らんし

卵細胞」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卵子
らんし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の卵子の言及

【性器】より

…すなわち男性では睾丸(精巣)で作られた精子が副睾丸(精巣上体)から精管を経て尿道に運ばれるが,付属腺として精囊や前立腺などがあり,交接器として陰茎がある。女性では卵巣とそこで作られた卵子を運ぶ卵管と,受精卵を育てる子宮,交接器としての腟などがおもな性器である。 このように,また,いうまでもなく,性器は男女で著しい性差を示すが,一般に性腺自身の特徴を一次性徴といい,それ以外の性別を示す特徴を二次性徴という。…

【卵】より

…同一種の動植物において,生殖に関与する配偶子に形態学,生理学的な差が認められ,2種類以上のものが区別される場合に,それらを異型配偶子と呼ぶ。異型配偶子は形の大小にしたがって,それぞれ大配偶子,小配偶子と名づけられているが,大配偶子は一般に運動性をもたず,細胞質内には栄養物質を多量に有し,卵または卵子と呼ばれる。これに対して小配偶子は運動性に富み,細胞質はほとんどなく,細胞のほとんどすべてが細胞核成分と,運動のための小器官で占められていて,精子と呼ばれる。…

※「卵子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

卵子の関連キーワード胚性幹細胞(ES細胞)論文捏造事件イノシトール三リン酸受容体生殖医療ツーリズムタイミング療法精子・卵子銀行主な不妊治療始原生殖細胞試験管内授精二卵性双生児受精/受精卵メーリス腺卵子バンク卵巣予備能胚培養士卵子形成自家受精顕微授精卵原細胞卵子凍結卵子提供

卵子の関連情報