卵子(読み)かいご

精選版 日本国語大辞典「卵子」の解説

かい‐ご かひ‥【卵子】

〘名〙 (「殻(かい)子」の意)
たまごかい
万葉(8C後)九・一七五五「(うぐひす)生卵(かひご)の中に ほととぎす 独り生れて」
※十巻本和名抄(934頃)七「 陸詞曰卵〈音嬾加比古〉鳥胎也」
② たまごなどの殻(から)
※霊異記(810‐824)下「肉団(ししむら)(カヒコ)開きて、女子(をみな)を生めり。〈真福寺本釈 穀 可比古〉」
[語誌](1)中世末以降、「日葡辞書」の「かえる(孵)」の項の例文「Caigo(カイゴ)、または、tamagoga(タマゴガ) カエッタ」という記載や、また、「延宝八年合類節用集‐五」の「卵子」の「カイゴ」「タマゴ」の二様の訓、「和漢三才図会‐四四」の「卵」の「かひご」「たまこ」二様の傍訓等から両語の併用状況がうかがわれるが、「かひご」はやがて雅語の領域に転じていったものと思われる。
(2)なお、「」も「かひこ」であるが、「卵(かひこ)」は、「観智院本名義抄」「日葡辞書」で「こ」を濁り、かつ「観智院本名義抄」でアクセントを異にする。「かひ」は、「蚕」では養う、「卵」では殻または貝と、語源を異にするとみられる。

らん‐し【卵子】

〘名〙
※九暦‐逸文・天暦一〇年(956)正月一三日「西方加募小鮎、東方卵子」
② =らん(卵)①〔医語類聚(1872)〕
胚珠(はいしゅ)のこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の卵子の言及

【性器】より

…すなわち男性では睾丸(精巣)で作られた精子が副睾丸(精巣上体)から精管を経て尿道に運ばれるが,付属腺として精囊や前立腺などがあり,交接器として陰茎がある。女性では卵巣とそこで作られた卵子を運ぶ卵管と,受精卵を育てる子宮,交接器としての腟などがおもな性器である。 このように,また,いうまでもなく,性器は男女で著しい性差を示すが,一般に性腺自身の特徴を一次性徴といい,それ以外の性別を示す特徴を二次性徴という。…

【卵】より

…同一種の動植物において,生殖に関与する配偶子に形態学,生理学的な差が認められ,2種類以上のものが区別される場合に,それらを異型配偶子と呼ぶ。異型配偶子は形の大小にしたがって,それぞれ大配偶子,小配偶子と名づけられているが,大配偶子は一般に運動性をもたず,細胞質内には栄養物質を多量に有し,卵または卵子と呼ばれる。これに対して小配偶子は運動性に富み,細胞質はほとんどなく,細胞のほとんどすべてが細胞核成分と,運動のための小器官で占められていて,精子と呼ばれる。…

※「卵子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android