コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライプツィヒの旧市庁舎 ライプツィヒのきゅうしちょうしゃ

1件 の用語解説(ライプツィヒの旧市庁舎の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ライプツィヒのきゅうしちょうしゃ【ライプツィヒの旧市庁舎】

ドイツ東部のザクセン州北西部の都市ライプツィヒ(Leipzig)のマルクト広場に面して建っているルネサンス様式の建物。ライプツィヒ中央駅(Hauptbahnhof)から、徒歩約10分の場所にある。建物の裏手(東側)にはナッシュ広場がある。1556年に建てられた、ドイツを代表するルネサンス様式の建造物である。現在の建物は、1906~1909年に大規模に改造されたものである。現在は1階がショッピングモール、2階、3階がライプツィヒ市歴史博物館Stadtgeschichtliches Museum)となっている。博物館は規模は小さいが、収蔵・展示品は充実している。ライプツィヒの歴史に関する常設展示が行われていて、「近代音楽の父」と呼ばれるバッハ(Johann Sebastian Bach)の肖像画の現物はここに展示されている(市内のバッハ博物館にあるものは複製)。バッハはこの町の聖トーマス教会音楽監督に就任したが、その契約は1723年5月5日、この旧市庁舎で取り交わされた。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライプツィヒの旧市庁舎の関連キーワードケムニッツザクセンツィッタウバウツェンアルブレヒト城ザイフェンザクセンアンハルト聖トーマス教会ドレスデン城ニーダーザクセン

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone