コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

収蔵 シュウゾウ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐ぞう〔シウザウ〕【収蔵】

[名](スル)
取り入れてしまっておくこと。「書画骨董(こっとう)を収蔵する」「収蔵庫」
収穫した農作物を貯蔵すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうぞう【収蔵】

( 名 ) スル
作物を取り入れてしまっておくこと。また、蓄えておくこと。
ものを手元にしまっておくこと。 「古い切手を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

収蔵の関連キーワードベルリンのムゼウムスインゼル〈博物館島〉大阪府大阪市平野区長吉長原東周防大島町久賀歴史民俗資料館広島県山県郡北広島町古保利岐阜県揖斐郡揖斐川町東横山山口県大島郡周防大島町西方カポディモンテ国立美術館フィレンツェ考古学博物館神奈川県三浦市初声町入江栃木県栃木市藤岡町藤岡秋田県潟上市昭和大久保パブリックコレクション秋田県秋田市寺内大畑ナショナルギャラリー和歌山県立近代美術館蔵の郷土館 齋理屋敷兵庫県三田市屋敷町栃木県佐野市大橋町青森県むつ市桜木町長崎県長崎市新地町

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

収蔵の関連情報