収蔵(読み)しゅうぞう

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐ぞう シウザウ【収蔵】

〘名〙
① 物をとり入れておさめておくこと。
※行成詩稿(1003‐27)長保五年七月、省試題・涼風撤蒸暑詩「扇軽宜忘却、箪冷已収蔵」
※軍隊内務令(1943)二九八「其の売上金は物品販売所当座用金櫃に収蔵して」
② 農作物をとり入れて貯蔵すること。
※俳諧・改正月令博物筌(1808)七月「白蔵といふは白は秋の金色蔵は収蔵(シウゾウ)(〈注〉オサメオサム)也」 〔礼記‐月令〕
③ (「千字文」の「秋収冬蔵」から) 陽気がおさまりかくれること。季節が冬に向かうこと。
※本朝無題詩(1162‐64頃)二・賦残菊〈大江匡房〉「四序循環空代謝、百叢寞々早収蔵」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐ぞう〔シウザウ〕【収蔵】

[名](スル)
取り入れてしまっておくこと。「書画骨董(こっとう)を収蔵する」「収蔵庫」
収穫した農作物を貯蔵すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android