コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライヘナウ Reichenau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライヘナウ
Reichenau

ドイツ南西部,バーデンウュルテンベルク州,コンスタンツ市に属する島。ボーデン湖西方のウンターゼー (下湖) 中にあり,堤道で湖岸と結ばれる。長さ約 5km,幅約 1.5km,人口約 4000の小島で,温暖な気候のため,全島で野菜,果樹栽培が行なわれ,花卉,ワインを産する。ベネディクト会修道院 (724~1799) があり,特に9~11世紀には南西ドイツの美術,文学の中心として有名であった。 2000年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ライヘナウの関連キーワードカロリング朝ルネサンスザンクト・ガレン修道院ヘルマン[ライヘナウ]ライヘナウ修道院オットー朝美術ドイツ建築ライン川ピルミン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android