コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラオディケ Laodikē

1件 の用語解説(ラオディケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラオディケ【Laodikē】

シリア王国のアンティオコス2世の妃。生没年不詳。前253年離別された。アンティオコス2世はエジプトプトレマイオス2世の娘ベレニケ政略結婚したが,死の直前ラオディケの子セレウコス2世を後継として指名した。王の没後ベレニケを支援しようとするプトレマイオス3世は第3次シリア戦争(前246‐前241。古来ラオディケ戦争呼ばれる)をおこしたが,ラオディケはベレニケとその子を殺害させ,戦争の難局をも乗りきった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラオディケの関連キーワードセレウコス朝ダニエル書バクトリア両シチリア王国アンティオキア新バビロニア王国セレウコス一世トレンティーノアルトアディジェブリリアンティーンキアンティ(キャンティ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone