コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラオディケ Laodikē

世界大百科事典 第2版の解説

ラオディケ【Laodikē】

シリア王国のアンティオコス2世の妃。生没年不詳。前253年離別された。アンティオコス2世はエジプトのプトレマイオス2世の娘ベレニケと政略結婚したが,死の直前ラオディケの子セレウコス2世を後継として指名した。王の没後ベレニケを支援しようとするプトレマイオス3世は第3次シリア戦争(前246‐前241。古来ラオディケ戦争と呼ばれる)をおこしたが,ラオディケはベレニケとその子を殺害させ,戦争の難局をも乗りきった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラオディケの関連キーワードヒエラポリス[トルコ]アンティオコス(2世)アンティオコス[2世]ムラトーリのカノンアンチオコス2世ミトラダテス6世ミトラダテス4世アポリナリオスヒペルボレオイラオディケアリュカオニアフリュギアエレクトラアクヒサルデニズリドラベララタキア

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android