後継(読み)コウケイ

  • あとつぎ

デジタル大辞泉の解説

前任者や師・先輩などから、事業・学問・地位などを引き継ぐこと。また、その人。あとつぎ。「後継の内閣」「後継者」
あとに続くこと。特に、あとから続く軍隊。あとぞなえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 産後、へその緒を切ることの忌み詞。
※簾中旧記(1521頃か)御産所の事「御あとつぎには、御産所へなり候て公方さま御ゑなを御つぎ候」
〘名〙
① あるもののあとを継ぐこと。また、その者。あとつぎ。
※越前竹人形(1963)〈水上勉〉一九「いわゆる喜助人形の後継であるかどうか、〈略〉知らない」
② あとから続くこと。特に、あとから続く軍隊。あとぞなえ。後詰(ごづめ)
※日本外史(1827)一「臣将先進。請賜後継」 〔晉書‐景帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後継の関連情報