後継(読み)こうけい

精選版 日本国語大辞典「後継」の解説

こう‐けい【後継】

〘名〙
① あるもののあとを継ぐこと。また、その者。あとつぎ
※越前竹人形(1963)〈水上勉〉一九「いわゆる喜助人形の後継であるかどうか、〈略〉知らない」
② あとから続くこと。特に、あとから続く軍隊。あとぞなえ。後詰(ごづめ)
※日本外史(1827)一「臣将先進。請賜後継」 〔晉書‐景帝紀〕

あと‐つぎ【後継】

〘名〙 産後、へその緒を切ることの忌み詞。
※簾中旧記(1521頃か)御産所の事「御あとつぎには、御産所へなり候て公方さま御ゑなを御つぎ候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「後継」の解説

こう‐けい【後継】

前任者や師・先輩などから、事業・学問・地位などを引き継ぐこと。また、その人。あとつぎ。「後継の内閣」「後継者」
あとに続くこと。特に、あとから続く軍隊。あとぞなえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android