コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラクトパミン ラクトパミン Ractopamine

1件 の用語解説(ラクトパミンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ラクトパミン(Ractopamine)

牛や豚などの筋肉の成長を促進する動物用医薬品。家畜の体重増、赤身肉割合の向上、飼料の節減などを目的として、飼料に添加して使用される。米国・カナダメキシコオーストラリアなどでは広く使用されているが、人体に影響があるとしてEU・中国・台湾などでは使用を禁止し、輸入肉についても厳しく規制している。日本では、国内での使用を認めていないが、輸入肉については残留基準値を設定して対応している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラクトパミンの関連キーワードNGFアクアトロン総合特別区域ワンラックアルカリ硬直成長試験免疫交感神経切除養毛成長ホルモン (growth hormone)ネックストレッチバンド (Neck Strech Band)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラクトパミンの関連情報