向上(読み)コウジョウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐じょう〔カウジヤウ〕【向上】

[名](スル)
よりよい方向、すぐれた状態に向かうこと。進歩。「学力が向上する」「生活レベルの向上」⇔低下
最上。最高。
「武田の弓矢―なり」〈甲陽軍鑑・三六〉
仏語。絶対平等の境地。また、それに向かって進むこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうじょう【向上】

( 名 ) スル
能力・性質・程度などがよりよくなること。 ⇔ 低下 「学力が-する」 「品質の-をはかる」
最上。最高。 「武田の弓矢-也/甲陽軍鑑 品二六

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐じょう カウジャウ【向上】

〘名〙
① 上に向かって進むこと。良い方へ向かうこと。進歩すること。また、そのために努力すること。
※翁問答(1650)上「五典のほかに、別に向上(カウジャウ)の道あるべしとぞんじ候はいかが」
② 上を向くこと。見あげること。
※松井本太平記(14C後)三「向上と見あぐれば、万仭の青壁刀を以て削れり」
③ より以上であること。より上。きょうじょう。
④ (形動) 位や程度が最も高いこと。また、そのさま。最高。最上
※却来華(1433)「道をまもるべき人なれ共、いまだ、向上の大祖とは見えず」
⑤ 仏語。
(イ) 下から上へ、あるいは末から本へ向かうこと。また、越えて上に出ること。
※談義本・成仙玉一口玄談(1785)五「其文すこしにても向上(カウジャウ)なれば、世の人棄て是を読ず」
(ロ) 迷いの境から悟りの境に入ること。そこで得られた悟りの智見。
※正法眼蔵(1231‐53)仏向上事「又向上の事にてしり、向上の事にてきくとき」
(ハ) 密教で説く十二口伝の一つ。ある句の上に他の句をつけて読むこと。下につけて読むことを向下という。
⑥ 現在の状態を不完全または、不満足として理想追求に努力すること。
※搦手から(1915)〈長谷川如是閑〉足のうら「堕落せざらんが為には怒らざるべからず、向上(カウジャウ)せんが為には怒らなければいけない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

向上の関連情報