ラグマーン州(読み)ラグマーン(英語表記)Laghmān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラグマーン〔州〕
ラグマーン
Laghmān

アフガニスタン北東部の州。州都はメタルラーム。全域がヒンドゥークシ山脈南東斜面。カブール川支流のアリシャンク川とアリンガル川が州都付近で合流してカブール川に流入する。河谷で農業が行われ,州都は商業中心。面積 7209km2。人口約 31万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android