コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラズモフスキー

デジタル大辞泉プラスの解説

ラズモフスキー

ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第7-9番(1806)。原題《Rasoumovsky》。名称はロシアのウィーン大使アンドレイ・ラズモフスキー伯爵に献呈されたことに由来する。『ラズモフスキー四重奏曲』の名で親しまれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ラズモフスキー(Rasumowsky)

ベートーベンの弦楽四重奏曲第7番・第8番・第9番の通称。1806年作曲。名称はロシアのウィーン大使アンドレイ=ラズモフスキー伯爵に献呈。それぞれ、ラズモフスキー四重奏曲第1番・第2番・第3番ともよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ラズモフスキーの関連キーワードベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調「皇帝」/piano and orchestra(concerto)ベートーヴェン (ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン)エリザベータ・ペトロブナアニチコフ宮殿スマローコフ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラズモフスキーの関連情報