コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラティ Rati

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラティ
Rati

快楽を意味するサンスクリット語。女性名詞であることから擬人化されて,インドの愛神カーマの妻とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラティの関連キーワードボラティリティ(Volatility)ヒストリカル・ボラティリティカーマ(古代インドの愛の神)デリバレイティブポーリングマセラティ・スパイダーマセラティ3200GTノンフィギュラティフアリストクラティックグラントゥーリズモマセラティ・クーペジム ゴールドマンマセラティ228ふしぎなたけのこプラティスヤロスフィギュラティフよるのようちえんデモクラティックギリシア詞華集新協調組合主義クアトロポルテ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android