コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラティ Rati

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラティ
Rati

快楽を意味するサンスクリット語。女性名詞であることから擬人化されて,インドの愛神カーマの妻とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラティの関連キーワードボラティリティ(Volatility)ヒストリカル・ボラティリティカーマ(古代インドの愛の神)デリバレイティブポーリングマセラティ・スパイダーノンフィギュラティフアリストクラティックジム ゴールドマングラントゥーリズモヒュー ローソンバグラティ大聖堂デモクラティックよるのようちえんフィギュラティフふしぎなたけのこボラティリティボンラッティ城新協調組合主義ゲラティ修道院プラティヤロス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android