カーマ(英語表記)Khama, Seretse

  • K.R.Kāma
  • Kāma
  • kerma
  • 〈梵〉Kāma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1921.7.1. セロウェ
[没]1980.7.13. ハボローネ
ボツワナの政治家。イギリス保護領ベチュアナランド最大の部族ングワト族の首長の子として生れ,5歳で首長。南アフリカのフォートヘア大学,ウイットウォータースランド大学を経てイギリスへ渡り,オックスフォードのベイリオル・カレッジで法律,政治,経済を学んだ。この間イギリス女性と結婚したため部族の非難を浴び,1956年首長の地位を放棄する条件で帰国を認められた。 61年ベチュアナランド民主党 BDPを創設して党首となり,同年の第1回立法評議会選挙で当選。 65年立法議会選挙に勝ち自治政府首相。 66年9月独立とともにボツワナ共和国初代大統領。穏健,親西欧的態度を保持したが,74年からは,南部アフリカ前線諸国首脳の一員としてジンバブエの独立支援など精力的に活動。 79年 10月大統領に4選された。 80年病死。
インド神話におけるの神。カンダルパともいう。おうむに乗り,5本の花のを持ち,花のにつがえて人の心を射る。ラティ (快楽) は彼のであり,バサンタ (春) は彼の親友である。彼はシバ神苦行を妨げようとしてシバの第3の目によって焼き殺されてしまう。それ以来,アナンガ (体なきもの) と呼ばれるようになったという。また,マノーブー (心に生じるもの) とも呼ばれる。仏教に取入れられ,愛染明王として,広く民衆信仰を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケルマとも呼ぶ。X線,γ線,中性子線などの間接電離性放射線の照射によって,物質の微小体積の中に発生した電子,陽子などの電離性荷電粒子の初期運動エネルギーの総和dEをその微小体積の質量dmで割ったもの,すなわちdE/dmをいう。カーマは,間接電離性放射線の線量を表すために用いられるもので,その単位として,グレイ,またはラドが用いられる。【山下 幹雄】
1831‐1909
インドのゾロアスター教の改革者。ボンベイのゾロアスター教徒(パールシー)の裕福な商人の家に生まれる。ドイツに渡り,著名なシュピーゲルのもとで古代ペルシア語,イラン学を修得し,1859年に帰国。イラン学研究を専門とする学校を設立して優秀な学徒司祭を育成した。当時パールシーの社会で叫ばれていた復古主義運動に呼応して,ヒンドゥー教やイスラムと混交していたインドのゾロアスター教の純粋化に大いに貢献した。彼の業績を記念して,彼の死後,1919年にボンベイに〈カーマ・オリエンタル研究所〉が創設された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

インド神話で、愛欲・恋愛の神。古くリグベーダでは、宇宙創造の原動力とされた。
中性子や X 線のような非荷電電離粒子の線量測定に用いられる量。これらの粒子が物質に照射される際、物質中に放出される全荷電粒子の初期の運動エネルギーの総和を、物質の単位体積あたりの質量で割った量。単位は吸収線量と同じグレイを用いる。ケルマ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(Kāma 「愛欲」の意) インド神話の愛欲の神。快楽の女神ラティを妻とし、人間の愛欲、恋愛をつかさどる。古くは、世界創造の原動力とみなされた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のカーマの言及

【放射線量】より

… 単位時間あたりの吸収線量,照射線量および線量当量を,それぞれ,吸収線量率,照射線量率および線量当量率といい,rad・min-1,R・min-1あるいはrem・h-1などで表す。 なお,X線,γ線や中性子など非荷電放射線が,物質との相互作用で二次荷電粒子を発生したとき,その荷電粒子が得た最初の運動エネルギーの和をその物質の質量で除した商をカーマといい,radやGy単位で表す。【丸山 隆司】。…

※「カーマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カーマの関連情報