快楽(読み)かいらく

精選版 日本国語大辞典「快楽」の解説

かい‐らく クヮイ‥【快楽】

〘名〙 (形動) 気持よく楽しいこと。官能的な欲望の満足によって起こるこころよい感情。〔易林本節用集(1597)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「天下固(もと)より食色の欲より楽なるものあり」 〔易林‐乾卦〕
[補注]漢音で「カイラク」と読むか、呉音で「ケラク」と読むか明らかでない実例が多い。「和英語林集成」の初版再版には「ケラク」だけがあり、改正増補版では「ケラク」とともに「カイラク」も出ている。読み方不明の実例は、明治以前の用例は「ケラク」、明治以後の用例は「カイラク」とした。

け‐らく【快楽】

〘名〙 (「け」は「快」の呉音)
① 仏語。気持よく楽しいこと。また、楽しむこと。煩悩を超越した、無我のよろこび。
※宝生院文書‐永延二年(988)一一月八日・尾張国郡司百姓等解「右国分尼寺者、是為朝家鎮護、吏民快楽、所建立也」 〔無量寿経‐上〕
② 欲望の満足によって起こるこころよい感情。かいらく。
※太平記(14C後)三〇「天上の婬楽快(ケ)楽も是には及ばじとぞ見へたりける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「快楽」の解説

かいらく【快楽】[書名]

原題、〈イタリア〉Il Piacere》イタリアの詩人・小説家・劇作家ダヌンツィオの長編小説。1889年刊行。「罪なき者」(1892年刊)「死の勝利」(1894年刊)とあわせ、「薔薇の小説」三部作をなす。

け‐らく【快楽】

仏語。煩悩から解放されて得られる安楽。また、浄土の安楽。
かいらく(快楽)」に同じ。
「残忍の外―なし」〈露伴五重塔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「快楽」の解説

【快楽】かい(くわい)らく

心地よく楽しい。宋・梅尭臣に依りて永叔の寄せらるるに和す〕 の自ら快樂することを知る 東郊南陌、鬪を競ふ

字通「快」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android