コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

快楽 カイラク

デジタル大辞泉の解説

かい‐らく〔クワイ‐〕【快楽】

心地よく楽しいこと。官能的な欲望満足によって生じる、感情。けらく。「快楽をむさぼる」
[補説]書名別項。→快楽

け‐らく【快楽】

仏語。煩悩から解放されて得られる安楽。また、浄土の安楽。
かいらく(快楽)」に同じ。
「残忍の外―なし」〈露伴五重塔

かいらく【快楽】[書名]

《原題、〈イタリアIl Piacere》イタリアの詩人・小説家・劇作家、ダヌンツィオ長編小説。1889年刊行。「罪なき者」(1892年刊)「死の勝利」(1894年刊)とあわせ、「薔薇の小説」三部作をなす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいらく【快楽】

こころよく楽しいこと。特に、官能的な欲望の満足によって起こる感情。 「 -を求める」

けらく【快楽】

〔「け」は呉音〕
〘仏〙 宗教上の喜び、たのしみ。
こころよく楽しいこと。かいらく。 「一時消失せた-の夢を思起したのです/あめりか物語 荷風

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

快楽の関連キーワードテオドロス[キュレネ]最大多数の最大幸福アリスティッポスエピクロス主義エピキュリアン栄耀の隠し食いアタラクシアテイレシアスキュレネ学派アンヘドニアあめりか物語エピクロスサテュロスヘドニズムプレジールキレネ学派快楽殺人現世主義快楽原則快感原則

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

快楽の関連情報