コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラテン十字 ラテンジュウジ

デジタル大辞泉の解説

ラテン‐じゅうじ〔‐ジフジ〕【ラテン十字】

十字形の一つで、縦の部分の下部が長いもの。キリスト教十字架などで多く用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のラテン十字の言及

【十字】より

…さらに北欧では,雷電と嵐の神トールのもつハンマーを意味し,破壊と新生,豊饒の象徴であった。(3)正十字の下方にのびている線が他の三つより長く,十字の中心がやや上方にあるラテン十字(またはローマ十字)。オリエントやギリシアで行われていた罪人の処刑方法にならって,イエスがこの形の十字架にかけられたことから(磔刑(たつけい)),復活と救済の象徴として,キリスト教徒の間に普及したもの。…

※「ラテン十字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ラテン十字の関連キーワードサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂[フィレンツェ]サンタマリアデッレグラツィエアルカルチナイオ教会サン・ジョルジョ・マジョーレ聖堂[ベネチア]サンタ・マリア・ノベラ聖堂[フィレンツェ]サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂マデルナ(Carlo Maderna)サント・マリー・マドレーヌ聖堂[パリ]サンチアゴ・デ・コンポステラ大聖堂フィレンツェのドゥオーモサン・フランチェスコ聖堂セント・パトリック大聖堂サン・ピエトロ大聖堂セント・ポール大聖堂マウルブロン修道院シュパイアー大聖堂ハギア・ソフィアオルビエト大聖堂ロマネスク建築十字形プランシトー会建築

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android