ラトナーギリ(英語表記)Ratnāgiri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラトナーギリ
Ratnāgiri

インド西部,マハーラーシュトラ州南西部,アラビア海にのぞむ港町。かつてビジャープル王国の首都で,港の近くに当時の城がある。沿岸交易が盛んで,南コンカン平野の米,マンゴー,ココナッツ,塩などを集荷し,ムンバイ (ボンベイ) に積出す。人口5万 6512 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android