コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラドバーン方式 ラドバーンほうしき Radburn System

2件 の用語解説(ラドバーン方式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラドバーン方式
ラドバーンほうしき
Radburn System

アメリカ合衆国ニュージャージー州ラドバーンのニュータウン開発における歩行者と自動車分離の計画手法。1928年に,クラレンス・スタインとヘンリーライトデザインした理想都市計画住宅において採用され,ラドバーンは「自動車時代の都市」として有名になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ラドバーンほうしき【ラドバーン方式】

クル-ド-サックなどにより、歩行者と自動車の通路の分離を図った住宅地の平面計画方法。アメリカ、ニュージャージー州ラドバーン地区ではじめて採用された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラドバーン方式の関連キーワードアメリカ合衆国独立十三州ニューヨークプリンストンニュージャージーニューハンプシャーニュージャージー[州]ジャージー・シティスタテン[島]ベヨーン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone