設け(読み)モウケ

デジタル大辞泉の解説

もうけ〔まうけ〕【設け】

前もって用意されていること。「設けの席につく」
あらたに設置・設立すること。
「未だ学校の―あらざりし前に」〈中村訳・西国立志編
あらかじめ決められていること。また、計画。
「斯る―のあらんとは、長兵更に知るよしもなく」〈染崎延房・近世紀聞〉
供応のための、食事などの準備。
「―などしたりけれど」〈古今・仮名序〉
食べ物。
「一鉢の―、藜(あかざ)の羹(あつもの)」〈徒然・五八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もうけ【設け】

動詞設けるの連用形から
前もって用意してあること。準備。用意。 -の席
あらたに作りもうけること。設立。 五六年前までは洋学校の-もあつて/思出の記 蘆花
もてなしのための食事の用意。 くにのつかさ…-などしたりけれど/古今 仮名序
食事。 麻の衣・一鉢の-・藜あかざのあつ物/徒然 58

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

設けの関連情報