コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

設け モウケ

デジタル大辞泉の解説

もうけ〔まうけ〕【設け】

前もって用意されていること。「設けの席につく」
あらたに設置・設立すること。
「未だ学校の―あらざりし前に」〈中村訳・西国立志編
あらかじめ決められていること。また、計画。
「斯る―のあらんとは、長兵更に知るよしもなく」〈染崎延房・近世紀聞〉
供応のための、食事などの準備。
「―などしたりけれど」〈古今仮名序
食べ物。
「一鉢の―、藜(あかざ)の羹(あつもの)」〈徒然・五八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もうけ【設け】

〔動詞「設ける」の連用形から〕
前もって用意してあること。準備。用意。 「 -の席」
あらたに作りもうけること。設立。 「五六年前までは洋学校の-もあつて/思出の記 蘆花
もてなしのための食事の用意。 「くにのつかさ…-などしたりけれど/古今 仮名序
食事。 「麻の衣・一鉢の-・藜あかざのあつ物/徒然 58

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

設けの関連キーワードセーフティーゾーンボードウオークルーフガーデン船矢倉・船櫓カーポート陸揚げ桟橋角櫓・隅櫓預金口座切目長押青空市場染崎延房あつもの地下道中二階一方口庭木戸護摩炉雨水溝書院窓客路地

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

設けの関連情報