コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラペル lapel

翻訳|lapel

大辞林 第三版の解説

ラペル【lapel】

背広襟などのきざみから下の、身頃みごろが折り返った部分。下襟。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のラペルの言及

【襟∥衿】より

…【山下 悦子】
[洋服の襟]
 英語でカラーcollarといい,ラテン語の首を意味するcollumに由来。ただし背広の襟のように胸で大きく折り返したものはラペルlapelという。西欧では,中世まで衣服に襟はつかず,ただ着装のために首回りをあけただけであった。…

※「ラペル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ラペルの関連キーワードcontemporary suitペルシアン(アローラのすがた)カラー(服の首回り)チェスターフィールドイートンジャケットヒラエオサウルスサンフェルナンドピークドラペルコート(衣服)マイクロホンランカウィ島オホーツク海タキシード開襟・開衿ブートニアチリワインタバード宗谷海峡原智恵子日本海

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラペルの関連情報