コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランゲルハンス島腫瘍 ランゲルハンスとうしゅようtumor of the Langerhans' islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランゲルハンス島腫瘍
ランゲルハンスとうしゅよう
tumor of the Langerhans' islands

膵臓のランゲルハンス島から発生する腫瘍。低血糖をきたすインスリノーマ,難治性潰瘍を起すゾリンジャー=エリソン症候群,水性下痢と低カリウム血症をきたすバーナー=モリソン症候群などでみられる。このほか,グルカゴン,セロトニン,ACTH,MSHなどを分泌する島腫瘍とか,非機能性の島腫瘍なども報告されているが,きわめてまれである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ランゲルハンス島腫瘍の関連キーワード低血糖症過酸症

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android