コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランポン族 ランポンぞくLampung

1件 の用語解説(ランポン族の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ランポンぞく【ランポン族 Lampung】

インドネシア,スマトラ南端のランポン州に古くから居住する人々の総称。マレー語系の言葉を話す。20世紀初頭以来,政府の移民政策によりこの地に移り住んだジャワ族の人々は含まれない。ランポン族は一時西ジャワのバンテン王国の支配をうけたが,土着の支配的権力の成立は見られず,アブン族(中央および東ランポンに居住),パミンギル族(南部海岸地帯),プビアン族(中央ランポン),マリンゲイ族(東ランポン)の4主要種族が対立抗争を続けながら,独自の存在を保ってきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のランポン族の言及

【スマトラ[島]】より

… 民族は地域により複雑である。西岸沖合ニアス島のニアス族,本島中部のバタク族などはプロト・マレー系であるが,北部のアチェ族,西部高原のミナンカバウ族,南部のランポン族,東海岸のマレー人などはいずれも開化(第2次)マレー系である。このほか海岸各地にインド・アラブ系,中国系住民もおり,南部にはジャワ族の集団移住地もみられる。…

※「ランポン族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone